介護施設パート転職情報情報

愛知県 介護の取り組み

  • 愛知県介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    代替職員の確保等による研修機会の確保

    ○ 介護現場に従事する者が研修(実務者研修、喀痰吸引等研修、初任者研修等)を受講する際に必要な代替職員の雇用に要する人件費を補助する。【基金】

    ⇒○約120名の者を左記の研修へ派遣することにより、研修参加者の資質向上が図られる。

    小規模事業所の協働による研修支援

    ○ 介護に関わる各種団体(市町村、介護人材の養成に関係する団体、介護事業所等)が行う、介護従事者の資質向上を目的とした事業の実施に要する経費を補助する。【基金】
    ※資質向上に係る研修については、介護事業所の規模に関わらず助成する。

    ⇒○計約460回の各種研修に対して補助を実施することにより、研修参加者の資質向上が図られる。

    事業所内保育所の運営支援による出産・育児との両立支援

    ○ 事業所内に保育施設を設置した場合の運営に係る経費を補助する。【基金】

    ⇒○介護施設に従事する職員の離職防止及び再就業の促進。

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○ 介護事業所が法律・財務・労務関係の相談・指導を必要とした場合に、専門家によるアドバイスを実施するための経費を補助する。【基金】

    ⇒○来所、訪問、電話による事業所運営に関する相談(年間100件を想定)の場を設けることにより、各事業所での良好な職場環境を整備し、介護人材の定着を図ることができる。

    介護施設パート転職情報

    愛知県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○ 喀痰吸引等業務を行う介護職員等を養成するため、指導者向けの研修を実施する。【基金】
    ○ 医療従事者を対象とした認知症対応力向上研修及び認知症受入れ体制づくりのための病院個別指導を実施(政令市が同研修を実施する場合は経費を補助)する。【基金】

    ⇒○喀痰吸引等研修を行う指導者(医師・看護師等)を600名養成する。
    ○医療従事者の認知症対応力1,000名の向上。認知症患者の受入体制づくり病院16か所の促進。

    その他の「資質の向上」の取組

    ○ 主に心身機能の回復リハビリを職務としている専門職に対し、高齢者の生活行為の回復を目的とした研修を行う。(委託)【基金】
    ○ 権利擁護人材の養成研修及び支援体制の整備に必要な経費を補助する。【基金】

    ⇒○地域リハビリへの理解が進んだリハビリ専門職900名を養成する。
    ○市民後見人60名を養成する。

    人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

    【現状】
    優良な事業所を評価する評価基準を検討している。

    【今後】
    ・介護人材育成に取り組む事業所の中から、優良の事業所を評価する評価基準を10月までに策定
    ・介護人材育成に取り組んでいる事業所を募集(11月~12月)
    ・優良事業所の審査・認定(1月~2月)
    ・優良事業所への認定証交付(3月)

ハローワークでの就職・転職活動は難しい?

年収400万円以上など、あなたの希望を全て叶える転職を、ハローワークで探すのは大変ですよね。

最近では求人票に記載されている内容が「嘘が多い」と問題になってます。

就職・転職活動を全てを1人でやらないといけないとなると、不安多いですよね。

・ハローワークの介護の求人情報は、自宅でもインターネット検索できます。でも、そのためには1度ハローワークで手続きをしないといけません。

・しかも、応募する時には、またハローワークまでいかないといけません。

・求人を見つけて応募しようとすると、また番号札を取って順番を待って、紹介状をいただいて・・・と待ち時間だけでもかなりを要します。

・履歴書の書き方、面接の仕方のセミナーは開催されていますが、「介護」に特化したものではありません。


これでは時間と労力がかなり奪われてしまいます。

就職先で力を出したいのに、就職活動で力を吸い取られる感じがしていませんか。


介護施設パート転職情報

ホームヘルパーの需要と求人

介護を必要としている人が急増している今日の日本では、ホームヘルパーの求人が沢山あります。

常に需要のある職業です。

ホームヘルパーと言うのは、正式名称を訪問介護員と言います。

都道府県知事の指定する、訪問介護員養成研修の課程を修了した者を通称ホームヘルパーや、ヘルパーと言います。

ホームヘルパーは、日常の生活の中で介護を必要としている家庭に訪問して、介護等のサービスを行います。

ホームヘルパーには1級と2級があります。ホームヘルパー2級資格取得者は、身体介護や家事援助などが行えます。

ホームヘルパー1級資格取得者は、訪問介護事業所において利用者とホームヘルパーとのコーディネートを行う、サービス提供責任者となることができます。

いずれのホームヘルパー求人も常に行われています。

求人は、都道府県の公営の施設から、民間の有料の施設まであります。

就職して仕事をしながらスキルアップが目指せる仕事です。

また、自分の都合を考えながらパートとして働くこともできます。

介護施設パート転職情報

自分にはどの介護の仕事が向いている?

未経験から介護業界で働きたいと思った時、最初に考えるのが「自分に合った仕事探し」ではないでしょうか。


介護と一口に言っても幅広いですし、どの仕事があなたに合っているかは分かりません。しかし職場に関する情報収集を積極的に行えば、興味を持てる仕事が出てきますよね。そのような仕事をいくつか候補にするだけでも、介護士パート求人探しも変わってくると思います。


「何となく介護士パートが出来ればいいか…」と何も考えずに仕事探しを行った場合、職場の知識なく入職することになりますから、結果的に「自分には合わない仕事だった」となてしまうリスクが高くなります。


もともと介護職は離職率が高いというデータもありますので、自分に向いているかどうか? は大切に考えて職探しをしたほうか゜いいと思います。


基本的な条件は共通していても、訪問介護、施設介護、通所介護それぞれに特徴がありますので、まずはこのページで情報収集して下さいね。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設パート転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ