介護施設パート転職情報情報

千葉県 介護の取り組み

  • 千葉県全体を対象にした取組み

    福祉・介護人材の確保に向けた取組み

    (1)千葉県福祉人材センター外部サイトへのリンク(実施主体:(福)千葉県社会福祉協議会)
    JR千葉駅近くに千葉県福祉人材センターを設置し、求人票の閲覧、求職登録、紹介状の発行、就職に関する相談を行っています。
    (2)福祉・介護人材参入促進事業
    介護福祉士等の養成校の教員が、学校等を訪問し福祉・介護の魅力を伝えたり、地域住民の方に対する福祉・介護に関する地域イベントや説明会を開催します。
    (3)職場体験事業
    福祉・介護の仕事に関心の有る方に、職場体験の機会を提供します。
    (4)介護福祉士等修学資金貸付事業
    福祉・介護の現場における人材確保に向け、社会福祉士及び介護福祉士養成施設に通う方に対し修学資金の貸付を行っています。
    (5)離職者等委託訓練
    離転職者等の就職を促進するため、職業能力の開発を必要とされる方に、専修学校等の民間教育訓練機関に委託した多様な職業訓練を実施しています。

    福祉・介護人材の定着に向けた取組み

    (1)福祉・介護人材定着支援事業(メンタルヘルスサポート事業)
    アドバイザーが、介護職員等の抱える業務上の悩みなどに対し、アドバイスや適切な窓口の紹介等を行います。
    地域における取組み
    千葉県では地域の実情にあった福祉・介護人材の確保・定着対策を効果的に実施するため、県内を12の地域に区分し、市町村をはじめ、社会福祉施設・事業所、教育機関等で構成する「千葉県福祉人材確保・定着地域推進協議会」を設置しています。
    各地域推進協議会では検討を行い、各種の事業を展開しています。

    介護施設パート転職情報

    人材の育成

    一般の方や学生などに介護等に対する仕事のやりがいや魅力について理解を促進する

    ≪課題への対応≫
    課題1-(3)「介護等の職場のイメージアップ」を踏まえ、イメージアップを促進し、介護職のやりがいや魅力について理解促進を図ります。

    ≪対応する取組≫ (※括弧内は主な担当課等を示したものです。以下同じ)
    ○福祉人材の確保に向けた広報・啓発 (健康福祉指導課)
    福祉人材センターにおいて、ポスターや各種啓発用パンフレットの作成・配布等、福祉人材確保に向けた広報・啓発を行います。

    ○福祉・介護人材参入促進事業 (健康福祉指導課)
    小学生から大学生や主婦等一般の方を対象に、福祉・介護等の仕事の魅力を伝えるため介護体験やセミナー等を実施する事業者等を支援します。

    ○福祉人材確保・定着フォーラムの開催 (健康福祉指導課)
    福祉介護の現場から学生や県民に向けて仕事のやりがいや魅力等を伝えるために福祉人材確保・定着フォーラムを開催します。

    地域の助け合い意識の啓発や、福祉の心を育てる福祉教育を推進する

    ≪課題への対応≫
    課題1-(5)「将来の土壌づくりとなる事業の推進」を踏まえ、福祉教育等の充実を図り、人材の育成・確保に努めます。

    ≪対応する取組≫
    ○福祉教育推進校の指定 (健康福祉指導課)
    学校や地域を通じて体系的・継続的に福祉教育を推進するために、引き続き福祉教育推進校の指定を行います。

    ○県立高校に福祉教育拠点校を設置 (県立学校改革推進課)
    松戸向陽高校を福祉教育の拠点校とし、県内福祉関係コース等の設置校とのネットワークを構築し、福祉に関する知識や技術の習得等の集積などにより、福祉教育のレベルアップを図ります。

    ○県立高校に福祉関係のコース等を設置 (県立学校改革推進課)
    地域や時代のニーズ、地域バランス等を踏まえ、生徒の地元への就職や地域の活性化を考慮し、福祉関係のコース等を設置します。

    介護福祉士や介護職員初任者研修等の資格取得への支援を充実させる

    ≪課題への対応≫
    課題2-(2)「制度改革への対応」を踏まえ、介護関係資格の取得支援制度等を充実させ、人材の育成を図ります。

    ≪対応する取組≫
    ○介護福祉士試験の実務者研修や介護職員初任者研修 (健康福祉指導課)
    介護福祉士試験の受験要件となる実務者研修や介護職員初任者研修など介護職員等の資格取得の研修が適正に実施されるよう事業者等に情報提供等を行います。

    ○喀痰吸引等の研修 (健康福祉指導課)
    介護職員等によるたんの吸引や経管栄養といった行為(喀痰吸引等)の実施に向け研修を行います。

    ○介護福祉士等修学資金貸付事業 (健康福祉指導課)
    若い人材の福祉・介護分野への参入を促進するために入学準備金や学費など修学資金を貸し付けます。

    ○外国人介護福祉士候補者受入施設学習支援事業 (健康福祉指導課)
    経済連携協定に基づき外国人介護福祉士候補者を受け入れている施設が行う日本語教育等の経費について支援を行います。

    ○受刑者の資格取得の支援 (健康福祉指導課)
    受刑者に対し介護職員初任者研修等の研修を行うことにより資格を取得させ、出所後の福祉・介護分野への就労促進を図ります。

こんなお悩みは心配いりません!

就職や転職には、不安やお悩みがつきものですよね。
自分一人ではなかなか解決できないことでも、千人のアドバイザーの力を借りることですんなり解決できることもたくさんあります。

たとえば、こんなケースも大丈夫!!

◆条件って言いづらいけど、妥協したくない!

・前職より高い時給で働きたい
・遅番のない職場で働きたい
・同世代の職員が多いところで働きたい
・車通勤OKのところがいい
・土日はしっかり休みたい
・前職の経験を考慮してほしい
・給与の日払いをしてくれると助かる
・週払いでもいい

この他にも、自分が働く上での必要な事もしっかりと確認しておくようにしましょう。

求人の詳細などを見ても簡単な説明しか掲載されていないため、いざ応募してみると「求人内容と違っていた」という事も少なくありません。

そのような事態を防ぐには事前の情報収集が大切ですね。そのためには介護職専門のサイトなどに登録するという方法もあります。

介護職専門の求人サイトなら介護の転職サポートに精通しているので、求人紹介施設の種類も豊富にあり、専任のコンサルタントが求人紹介や面接の調節などサポートしてくれますので、それはメリットといえます


介護施設パート転職情報

少子高齢化社会で介護業界は人手不足

少子高齢化社会が進む中で介護業界はこれから先も人手不足が心配されています。

今でさえも求人情報を見てみると、たくさん介護士求人が掲載されています。

どこの地域でも、他の業種と比較すると介護士の求人は多いです。

最近は老人福祉施設が数多く建設されていますから、とくに施設における介護士の役割はとても大きいです。

介護士が中心となり、老人福祉施設で生活している入所者をサポートしています。

食事介助や排せつ処理、入浴介助など大変な仕事ですが、とてもやりがいのある仕事でもあります。

やはり、お年寄りと話をするのが好きであったり、世話好きの人が向いていると思います。

また、コミュニケーション能力も必要であり、この人は何に困り何を必要としているのかをくみ取る必要もあります。

介護施設で集団生活となると、いろいろ問題も起こりますので、お年寄りの人たちみんなが、仲よく集団生活ができるように、サポートすることも必要です。

もし、求人情報を見ていて介護士の仕事をやってみようと思ったなら、ぜひお勧めします。

介護施設パート転職情報

未経験でもオススメなワケ!

未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護施設パート転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ