介護施設パート転職情報情報

鹿児島県 介護の取り組み

  • 鹿児島県の具体的な介護取組内容(参入促進)

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○遠隔地等の小・中学校,高校,専門学校を訪問して福祉体験教室を開催【基金】
    ○一般県民を対象とした介護施設の体験ツアーを実施し,施設の紹介や介護の仕事について説明するほか,介護体験により利用者とふれあう機会を提供【基金】
    ○養成施設・事業所・職能団体の3者が連携して県民向けのイベント等を開催し,介護の仕事の魅力・情報を発信【基金】

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○小中高校生と,介護事業所の職員及び養成施設の学生との相互訪問を実施し,トークセッションや介護体験を通じて介護職への理解を促進【基金】
    ○大学生等に介護施設におけるボランティア活動の体験機会を提供【基金】

    中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

    ○ふれあい・いきいきサロンに専門家を派遣し,高齢者に介護の基礎的な知識・技術を提供することにより,在宅介護及び地域貢献活動の取組を支援【基金】
    ○地域住民に介護施設におけるボランティア活動の体験機会を提供【基金】

    その他の「参入促進」の取組

    ○資格を有していない介護職員の定着を支援するため,介護サービス事業所に対して,介護資格(介護職員初任者研修課程)を取得するための経費を助成【基金】
    ○福祉人材センターにキャリア支援専門員を配置し,求職者と事業所とをマッチング
    ○就職ガイダンス,就活応援セミナー,就職面談会等の開催

    ⇒●介護職員の定着促進 200人
    ●マッチングによる採用 200人
    ●ガイダンス参加者 220人
    ●就職面接会参加者 300人

    介護施設パート転職情報

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

ケアマネージャーの求人数

近年、介護や医療系の仕事に対して、求人数がかなり増加しています。

その理由としては、現代社会が高齢化となり、高齢者の数が多くなったことも関係しています。

介護保険などの制度も充実しており、このような制度を利用して、老人ホームや訪問介護サービス、デイサービスなどの介護、福祉施設を利用する人も増えています。

このような仕事の中心を担うのがケアマネージャーであり、高齢者向けの施設では、必ず配置が義務づけられています。

ケアマネージャーの仕事とは、介護サービスの計画を立て、それを利用者に提案して、利用を希望する施設との連絡を取ることがあります。

そのため、利用者にとっては、重要なポジションとなります。

介護の仕事では、責任のあるポストとなり、収入もアップしますので、ホームヘルパーから、ケアマネージャーを目指す人も少なくありません。

ケアマネージャー求人も多くあり、各都道府県の施設でも募集をしています。

都道府県は関係なく、どこでもケアマネージャーの仕事は出来ますし、ケアマネージャー求人もいろんなところであります。

もし、仕事を探しているならば、派遣会社に登録して、自分に合った職場を探してもらうもの良いですよ。

介護施設パート転職情報

高齢化が進み将来性のある仕事です。

日本では今、少子高齢化社会が進み老人福祉施設の建設も多く、民間企業が介護にどんどん参入してきています。

そういう状況なので、ホームヘルパーの求人の割合は他の業種とくらべると高いです。

また、ホームヘルパーの資格は比較的とりやすく、人気があるという話はよく耳にします。

老人福祉施設や居宅支援事業所ではホームヘルパーなしでは成り立ちません。

それだけ需要があり、必要とされています。

都道府県別に有効求人倍率をみてみると東京や神奈川など都市部が高くて、地方が低いです。

やはり地方だと人が集まらないせいかあまり求人が多くないようです。

または地方のお年寄りの方が長生きで元気なお年寄りが多いのかも知れません。

しかし、ほかの業種よりもはるかにホームヘルパー求人は多いですし、これからさらに高齢化が進みますので、将来性のある仕事です。

お年寄りと接することが好きで世話好きの人には向いている仕事かもしれません。

介護施設パート転職情報

未経験でもハードルが低い職場は?

未経験でも受け入れてもらいやすい職場もある!

未経験OK!初心者歓迎!受け入れてもらいやすい職場であれば、「デイサービス」や「グループホーム」がおすすめです。

※デイサービス(通所介護)は昼間に日帰りで受けられる介護サービスのことです。
※グループホームは5~9人のユニット単位で互いに役割を分担しながら、生活をします。比較的軽度の認知症高齢者が利用しています。

デイサービス(デイケア)では基本的に夜勤がありません。
認知症の利用者も受入れがあるので、そういったところでは大変ではありますが、寝たきりの人への対応がないため身体的介護が少なく体力的な負担は少ないです。
また、残業もほとんどないという職場が多いです。

施設というより「家」のような感覚なので利用者にとっても介護士にとっても自宅にいるような感覚で過ごせます。

ただ、レクリエーション等で人前で1人で明るく話さないといけない場面があります。
やっているうちに慣れてくる人がほとんどですが、あがり症の方には少し大変かもしれません。

グループホームは夜勤こそありますが、認知症も軽度ですしグループ単位で過ごすため利用者の把握がしやすく密接な介護ができます。

ただ、施設によっては仕事がきつい、介護職員もグループになって動くために人間関係に悩む人も多いようです。

事前に雰囲気を見学したり、介護専門求人サイトを利用して就業後もサポートしてもらうような体制をとっておくと安心でしょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設パート転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ