介護施設パート転職情報情報

高知県 介護の取り組み

  • 高知県介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    代替職員の確保等による研修機会の確保

    ○介護施設・事業所の職員が外部研修等に参加する際の代替職員を無料で派遣【基金】

    ⇒●研修参加による1,000人の介護職員の資質向上
    ●70名の失業者を雇用し代替職員として派遣することによる、介護業界への新規参入促進

    雇用管理改善の推進 (介護ロボット導入支援やICTの活用 等)

    ○職員の腰痛予防のために福祉機器を導入する経費の一部補助
    〇効果的な福祉機器の導入・活用にむけたソフト支援(マネジメント支援、研修等の実施)

    ⇒●腰痛罹患率の改善とそれに伴う離職率の低下

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○新人職員を対象とした合同入職式や研修会を定期的に開催し、施設の垣根を越えた同世代の仲間とのネットワークをつくることで、資質の向上や早期離職を防止

    ⇒●離職率の低下

    介護施設パート転職情報

    資格取得支援策の抜本強化による人材の確保とサービスの質の向上

    現状

    ●2025年には、約900人の介護人材が不足する見込み。
    ●高校卒業後、介護職場に就職した県内就職者は景気の回復とともに逓減傾向。
    (H25 県内就職高校生655人のうち55人:8%)
    (H26 〃 702人のうち43人:6%)
    ●資格取得に係る経済的な負担及び研修が長期間に及ぶことによる施設側と本人の負担が重い。
    ●介護福祉士受験資格の見直しにより、実務経験3年に加えて、「実務者研修」が新たに義務付け。

    課題

    ●高校生及び中山間地域等の住民が、介護職員初任者研修を受講する機会の拡大
    ●介護福祉士国家試験受験者の安定確保に向けた支援策の強化
    ●介護福祉士国家試験における実務者研修の義務化による経済的な負担の軽減

    今後の取り組み

    介護職員初任者研修を受講する場の拡大

    高校生就職支援事業委託料
    高校卒業時の職業選択やUターンの際に有利となる介護資格の取得を支援することにより、福祉・介護分野への新たな人材の参入を促す。
    ○H26(5校44名修了)
    →H28(8校124名の受講体制:うち教委継続分3校39名)
    ○追加実施校等(須崎高校、高知南高校、少数校対応)

    中山間地域等ホームヘルパー養成事業費補助金
    高校を除く県指定の事業所による初任者研修が実施されていない市町村が、住民を対象に実施する初任者研修への補助制度の拡充。
    ○人手不足感がより強い中山間地域等における介護人材の確保対策の強化
    (補助対象市町村:研修の実施会場から車で概ね1h以上の11市町村→25市町村)

    介護福祉士の資格取得方法の見直しへの対応

    ○介護福祉士等修学資金貸付事業の拡充(高知県社会福祉協議会の基金事業)
    (1)介護福祉士等修学資金貸付事業費補助金
    介護福祉士等修学資金の貸付者(40人:新規入学定員:120人)に、国家試験受験対策に係る費用(年間4万円)を加算して支援することにより、県内の介護現場における中核的な役割を担う質の高い人材の養成を推進する。
    (2)平成28年度から施行される介護福祉士資格取得方法の一元化に伴って、実務者研修(6ヵ月以上・450時間)の受講が義務付けられる介護職員の経済的な負担を軽減する。
    ○修学資金の貸付対象者の拡充

介護士の資格を持った人の需要が高まってます。

誰でも自分の住んでいる地域で仕事を見つけたいと思いますよね。

今回はあなたのお住いの近くの介護士求人情報をどのように得て、自分の生活範囲内で快適にお仕事探しができる情報を提供したいと思います。

お住いの近くの求人情報を最も探しやすいのはハローワークです。

地域に密着した求人を紹介してくれるのが特徴のハローワーク。

あなたの自宅の近くに必ずは一つはあるので、介護士求人を探すならハローワークが一番身近で便利といえるでしょう。

次に、介護士専門の求人サイトです。

約70000件の介護士求人の中から、理想の職場探しが出来て今なら即採用のチャンスもあります。

職種や希望で検索が可能で、

「正社員・契約社員」
「主婦・主夫歓迎」
「アルバイト・パート」
「人気の駅・エリア検索」
「シニア、学生応援」

の求人情報が掲載されていて、勤務地だけでなく法人でも選択することができるので、自分の希望により合った職場を見つけられます。

介護施設パート転職情報

介護福祉士・社会福祉士ってどんなお仕事?

年々増加する介護や援助の必要な人を情熱と奉仕の精神を持ってサポートする介護福祉士は主に、介護が必要な高齢者の自宅、または老人介護施設や特別養護老人ホームで、食事や入浴、排せつの介助と、本人や家族の精神面のケアを行います。国家資格の取得が義務付けられており、福祉に対して、より専門的な知識と医学的な技術を身に付けている介護支援のエキスパートといえます。今後、さらに保健・医療の分野に精通する人材の需要が高まっていくと考えられます。

一方、社会福祉士は、身体または精神的に障害のある人や、なんらかの事情により日常生活に支障が出た人の相談にのり、生活の援助をする仕事です。援助の内容は児童相談から金銭的な援助、申請の手続きなど、多岐にわたります。社会福祉士も福祉サービスの多様化に伴い、今以上に専門的な知識や技術が必要となります。公的機関のほか、民間の福祉事業にも活躍の場を広げていくでしょう。

介護施設パート転職情報

介護の勉強のために短期バイトを希望するケースも

現代の高齢化に向けて施設などに入れず、在宅介護をしているという家庭もあります。


自分の両親などもいずれは介護を必要とする、また現在介護しているという方も大勢おり、そのような方が介護についての勉強として短期間介護の仕事をするという方もいます。


またその逆に家族の介護経験を活かして、介護の仕事をする場合もあります。


高齢者以外にも介護を必要としている所は多く、介護士が勤務できる職場というのは色々とあります。


・知的障害者施設
・身体障害者施設
・社会福祉施設

など介護士は、多くの場で活躍が出来る仕事でもあります。


短期・単発で介護の仕事を考えているという場合は、介護士求人サイトや人材紹介サービスですと求人案件も多数あります。


週に1日、2日くらいの勤務を希望されている方も、思った以上に希望条件に該当する介護求人が見つかると思いますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設パート転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ