介護施設パート転職情報情報

京都府 介護の取り組み

  • 京都府介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    代替職員の確保等による研修機会の確保

    ○現任職員を多様な研修に参加させるため、研修受講中の代替要員を確保【基金】
    ○代替要員向けに介護職員初任者研修等の必要な研修の実施【基金】

    ⇒●研修受講中の代替要員を認証事業所に優先派遣、自ら処遇改善を行う事業所へ誘導し、定着を支援。
    (離職率は4%台と府平均15.6%を大きく下回る結果)

    エルダー・メンター制度の導入支援による早期離職の防止

    ○きょうと福祉人材育成認証制度において、OJT指導者やプリセプターの設置、研修の実施を認証の基準とし、事業者への研修等を通じて支援

    ⇒●認証事業者の増加を通じて、福祉業界全体のボトムアップ

    雇用管理改善の推進 (介護ロボット導入支援やICTの活用 等)

    ○環境改善等促進事業(人にやさしい介護支援機器プロジェクト事業)の実施【基金】
    ※事業所に「介護職場環境改善アドバイザーチーム」を派遣

    ⇒●多角的・中立的な視点から、職員の負担軽減等、効果的な職場環境の改善

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○宣言事業所への支援として、給与制度や労務管理に関するコンサルティングを実施
    ○各認証事業所の状況に応じた職員向け処遇改善・スキルアップ等につながる事業の実施支援
    ※研修・セミナーの実施、職場環境改善コンサルティング、資格取得支援等

    ⇒●職員の早期離職防止、定着率アップ

    介護施設パート転職情報

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

介護業界への転職・就職を決めた理由は?

まず、あなたの気持ちを整理しましょう。
介護業界への転職を決めた理由はなんでしょうか。それが新しい転職先を探すための大事なポイントになります。

「仕事へのやりがい」これが理由の方がたくさんいらっしゃると思います。



財団法人介護労働安定センターが実施した、平成 22年度の「事業所における介護労働実態調査」、「介護労働者の就業実態と就業意識調査」では、介護職への就職を決めた理由として、「働き甲斐のある仕事だと思ったから」という理由が一番多くあがっています。

また、現在の仕事の満足度アンケートでは「仕事の内容・やりがい」が 52.8% で1番多くなっています。「人や社会の役に立ちたいから」、「お年寄りが好きだから」も多い回答でした。

介護の道へ進む方は、「仕事内容とそのやりがい」が重要で、「それが人の役に立っていることが喜び」という優しさと愛情を持った方が多いですね。

介護施設パート転職情報

ホームヘルパーの求人

介護福祉士まで持っていなくても、今介護の世界は人材不足です。

ホームヘルパー(介護職員初任者研修修了者)だけでも持っていると、ある程度の知識があるため重宝されます。

都道府県によって違いはあるとは思いますが、「ホームヘルパー求人 施設」または「ホームヘルパー求人 都道府県」と入力して検索すると、施設内入浴介助専門職員や食事介助、移乗・移動介助という形であったり、施設内介護職員という形で募集しているところが沢山あります。

また、介護施設勤務が3年経てば介護福祉士の国家試験を受けることが可能です。

施設は今現在資格がなくても勤務は可能です。

ただ、ヘルパーの資格があるとある程度の知識、福祉用具の使い方が理解でき、利用者様に正しく使い方を説明できるため、ヘルパーの資格がある方が受け入れられやすいです。

就職難と言われる時代でも、高齢者は増える一方なので「ホームヘルパー求人 都道府県」と入力して検索すると、沢山の求人に当たります。

介護施設パート転職情報

自分にはどの介護の仕事が向いている?

未経験から介護業界で働きたいと思った時、最初に考えるのが「自分に合った仕事探し」ではないでしょうか。


介護と一口に言っても幅広いですし、どの仕事があなたに合っているかは分かりません。しかし職場に関する情報収集を積極的に行えば、興味を持てる仕事が出てきますよね。そのような仕事をいくつか候補にするだけでも、介護士パート求人探しも変わってくると思います。


「何となく介護士パートが出来ればいいか…」と何も考えずに仕事探しを行った場合、職場の知識なく入職することになりますから、結果的に「自分には合わない仕事だった」となてしまうリスクが高くなります。


もともと介護職は離職率が高いというデータもありますので、自分に向いているかどうか? は大切に考えて職探しをしたほうか゜いいと思います。


基本的な条件は共通していても、訪問介護、施設介護、通所介護それぞれに特徴がありますので、まずはこのページで情報収集して下さいね。


介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護施設パート転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ