介護施設パート転職情報情報

三重県 介護の取り組み

  • 介護・福祉人材の安定的な確保

    福祉人材確保

    (現状と課題)
    (介護・福祉人材の確保等について)
    ○三重県においても本格的な高齢社会を迎え、特に要介護認定率が高くなる75 歳以上高齢者の人口が大きく増加すると推計されており、これに伴い、介護・福祉ニーズは今後さらに拡大していきます。
    これに対応するサービスを支えるのは人材ですが、この間、労働力人口は急激に減少していき、その中で人材を確保していくことが重要な課題となっています。

    ○2010(平成 22)年度介護労働実態調査(全国調査)によると、介護サービス事業者で職員の不足感を持つ事業所は約半数 50.3%(三重はさらに 39.7%)となっており、なかでも訪問介護員では 65.9%が不足と回答しています。
    また、三重県では、介護関連職種の有効求人倍率が全国に比べ高い水準にあります(図3-4-4)。さらに、2011(平成 23)年 10 月の三重県の全業種の有効求人倍率は 0.74%であるのに対して、介護職では 2.12%と高くなっています。

    ○求人と求職のミスマッチを解消するための職業紹介やマッチング支援を行うとともに、福祉系大学・介護福祉士養成校・福祉系高等学校との連携を深め、県内職場での就労定着化、若年者や潜在労働力の発掘、一度離職した有資格者の再就職を促進する必要があります。

    ○地域での福祉サービスに対する理解を深め、新たな福祉マンパワーの育成や潜在マンパワーの掘り起こしを行い、福祉人材の確保を図る必要があります。

    (介護・福祉人材の定着等について)
    ○同じく、2010(平成 22)年度介護労働実態調査によると、現在の仕事を選んだ理由として、「働きがいのある仕事だから」の回答が約 6 割となっており、介護職員の仕事に対する意欲の高さがうかがわれます。

    ○介護現場で働く職員の「今後取りたい資格」をみると、介護支援専門員が28.6%、介護福祉士が22.6%、社会福祉士は8.8%となっており、キャリア・アップの仕組みが必要となっています。

    ○現在の仕事の満足度では、「仕事の内容・やりがい」が52.8%と高い一方、「賃金」「教育訓練・能力開発のあり方」「人事評価・処遇のあり方」では不満足となっています。

    ○介護・福祉人材を安定的に確保していくためには、賃金改善や能力開発への取組みを進め、従業員の満足度をアップさせるとともに、人事評価等キャリアパスの仕組みを定着させ、新規人材も併せ確保していく取り組みが重要となっています。

    ○社会福祉事業は年々多様化・専門化しており、施設の職員にとっても、より広範な福祉の知識と高度な専門的技能が要求されています。

    介護施設パート転職情報

    介護職員処遇改善

    現状と課題

    ○高齢化の進展に伴い、介護ニーズが増大するなかで、サービス提供を担う介護人材を確保することは重要な課題となっています。

    ○介護職員については、離職率が高い、人材確保が難しい等の状況にありますが、これは介護職員の賃金が低い等の処遇の問題が一因であると考えられます。

    ○他の業種との賃金格差を縮め、介護における雇用を安定させることにより、優秀な人材を確保していく必要があります。

    ○介護職員が将来展望をもって介護の職場で働き続けることができるよう、能力・資格・経験等に応じた処遇が適切になされることが重要です。

    県の取組

    ○介護分野における人材確保、人材育成につながるよう、介護職員の賃金改善やキャリアパスの導入に取り組む事業者を支援します。

転職する時のキャリア査定

転職をするにあたり自分の市場での価値がどのくらいなのかを知ることは重要です。

もちろん、待遇だけが仕事を選ぶ基準ではありませんのであくまで1つの指標として考えてください。
自分の市場での価値をある程度事前に把握して、あとは自分の納得度合いに応じて活動を進めていくというのが客観的な目を持つという意味で重要になると思います。

次の項目は、各施設の給与相場(全国平均給与)のデータになります。

今のあなたのお給料と比較してみると、全国平均給与より高いのか低いのか、ご自分のキャリア査定の目安にもなると思います。

介護施設パート転職情報

仕事を探す人には大きなチャンス

高齢化が進むにつれ、介護の問題が注目されています。

特に、ケアマネージャーの需要は年々非常に高まっています。

しかしながら、需要に供給がなかなか追いつかない状況です。

こういった問題は、さらに継続すると見込まれており、ケアマネージャーの求人には行政も注目しています。

逆に言えば、仕事を探す人にとっては、大きなチャンスでもあります。

今後さらに需要が見込まれる職場で働くことは、働きがいにも繋がります。

また、最近では、ケアマネージャーの求人を拡大するため、市町村が多くの支援を推奨しています。

求人情報を市町村が支援して広めているところもあります。

もちろん、ケアマネージャーになるためには多くの努力が必要ですし求人情報を見て応募したからといって簡単になれるものではありません。

特に、資格を取得するためには、実務と多くの経験が必要です。しかしながら、しっかりと努力した人には、働きがいと多くのメリットが持たされることは言うまでもありません。

介護施設パート転職情報

短期で働ける介護士パート

単発・短期・派遣と広がる介護士の働き方

短期や単発の仕事は、全職種問わずに働く期間が定められている働き方です。

・単発・・・・勤務日数が10日以内
・短期・・・・勤務日数が11日~3ヶ月未満

という求人が一般的とされています。

またこれらの仕事を効率良く探すには、派遣社員として働いているという方が多いのも特徴です。

仕事を探す場合は、その業界に特化した専門サイトで探す方がいろいろな情報を得ることができます。

また派遣や専門サイトですと、自分の希望の条件を伝えると、極力希望にそった条件の仕事を提供してくれます。

短期で仕事を探しているという人の主な理由は、

・自分のライフスタイルに合わせて仕事をしたい
・次の仕事が決まるまでの間だけ働きたい
・キャリアアップを目指している

など、いろいろな理由がありますよね。

他に短期で働く場合は、煩わしい人間関係から解放されるというメリットもあります。

以前正社員として介護職で働いていた時に人間関係で辞めてしまったという人も、短期間であれば働く日数も決まっているので割り切って働けるのではないでしょうか。

またいずれは正社員として働きたいと思った場合にも、短期でいろいろな介護の仕事を経験できたら自分に合った仕事を見つけやすくなりますね。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設パート転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ