介護施設パート転職情報情報

三重県 介護の取り組み

  • 三重県の取組

    人材確保対策等について

    ○ 三重県福祉人材センターにおいて、福祉職場にかかる求人・求職情報を集約し、ニーズや適性に応じたマッチング(無料職業紹介)を行うとともに、福祉の就職フェアや職場説明会を開催し、福祉の職場を希望する人への相談・支援を行います。

    ○三重県福祉人材センターにキャリア支援専門員を設置し、福祉・介護職場への求職希望者と職員を採用したい施設や事業所のマッチングを支援します。

    ○県立津高等技術学校が実施する離職者を対象とした職業訓練(委託訓練)において、介護福祉士やホームヘルパーの資格取得を支援し、他分野から介護分野への参入を促進します。

    人材の定着促進等について

    ○独立行政法人福祉医療機構に対して、社会福祉施設職員等退職手当共済法に基づく退職手当金の支給に要する費用の一部を助成することにより、社会福祉施設職員等の処遇向上を図ります。

    ○介護労働者の雇用管理の改善、能力の開発・向上、その他の福祉の向上を図るため、介護労働安定センター・ハローワークと連携して、県が実施する事業者研修等の場において、雇用管理責任者講習の情報提供を行うなど、幅広い人材確保対策を連携して進めていきます。

    社会福祉施設職員等への研修・資質の向上等について

    ○社会福祉施設職員の資質向上のための研修事業を行う三重県社会福祉協議会に対して、研修実施のために必要な事業費を助成し、
    ①職員の経験や役職に応じた必要な知識や技術の習得をめざし、業種や職種を問わず社会福祉施設職員に求められる専門性を養うための生涯研修、
    ②社会福祉施設の種別ごとに抱えている問題や、今後の事業推進に対する課題を取り上げ、社会福祉施設利用者へのサービス提供に必要な能力を養うための業種別研修、さらに③専門分野に応じた高度な専門知識及び技術を習得し、より専門的な能力を養うための課題別専門研修等を実施していきます。

    ○社会福祉施設の適正かつ安定的な経営と入所者処遇の向上等をめざして、各法人・施設が行う運営に関し、専門家による指導・援助を行う体制を整備し、人事労務管理研修などにより社会福祉施設経営全般の向上を図ります。

    介護施設パート転職情報

    介護支援専門員の資質向上等

    現状と課題

    ○介護や支援が必要な方が可能な限り住み慣れた地域で、その人らしい、自立した生活を送るためには、多様なサービス主体が連携して支援できるよう、適切にケアマネジメントを行うことが重要です。介護支援専門員はその中心的な役割を担い、介護保険法に基づいてケアプランを作成する専門職です。
    三重県では、介護支援専門員の養成に努めています。

    ○介護支援専門員として業務を行うには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格して一定の研修を受け、介護支援専門員として登録することが必要です。
    2006(平成 18)年4月の介護保険制度改正により、5年ごとの介護支援専門員証の資格更新が義務づけられ、更新のための研修のほか、キャリアに応じた研修制度が創設されました。三重県では、これらの研修の実施主体となり、介護支援専門員の資質向上に必要な研修を養成段階に応じ体系的に実施するとともに、介護支援専門員の資格管理を行っています。

    ○三重県では、2010(平成 22)年度までに 7,814 人が試験に合格し、7,792 人が登録されています。しかしながら、2010(平成 22)年度までの更新対象者 5,346 人の内、更新・登録した者は、約 3,000 人とおおよそ 6 割に止まっています。
    今後、要介護高齢者の増加が予想され、それに対応するためには介護支援専門員の確保が必要な状況となっています。

    ○今後の増加が予想される医療依存度の高い利用者に対して、適切なケアマネジメントのできる介護支援専門員の養成が必要となっています。
    しかしながら、試験合格者の基礎職種別構成割合では、介護職を基礎資格とする介護支援専門員が多く、医療職は少ないという傾向があります。

    ○三重県では、介護支援専門員の各研修について、一定のレベルと統一的・体系的な研修内容を確保するため、介護支援専門員資質向上研修検討委員会を設置(2010(平成 22)年 4 月)し、研修階層に応じた到達目標や指導ポイント等、三重県版の基本指針を 2011(平成 23)年度に策定しました。

    県の取組

    ○介護支援専門員は、介護保険制度の根幹をなす重要な役割を担っており、引き続き必要な人材の養成を行うとともに、体系的な研修の実施により、資質向上に努めます。

    ○介護支援専門員資質向上研修検討委員会で策定した県の基本指針に基づき、研修の企画・立案、研修の実施、評価、その後の研修への反映といったPDCAサイクルを構築し、研修の実効性を確保していきます。

    ○医療ニーズに対応し、医療と介護の連携を実現できる人材を養成するため、医療知識や医療との連携方法など、医療系の研修課目の必須化を図ります。

    ○要介護高齢者等に対し地域で包括的な支援を実現していくため、2014(平成26)年度までに主任介護支援専門員の登録数を 776 人(2011(平成 23)年度末 566 人)とすることを目標に養成していきます。さらに、研修の充実、フォローアップ研修等の実施により介護支援専門員の資質向上を図ります。

希望を叶える好条件・好待遇の介護求人情報

転職・就職活動に行き詰ってませんか。 介護職のお仕事探しが、早く・楽にできる情報があります!

10年後には4人に1人が高齢者になるといわれています。

現在も、これからも介護のお仕事は増える傾向にあります。

これから介護業界の環境がどんどん見直されていきます。

介護職への転職・就職に追い風が吹いてきます。

このような介護業界への転職・就職ですから、10年後、20年後を見据えて、自分のキャリアアップにつながるような就職・転職したいですよね。

ですが…

◇これから10年、20年先を見据えた働き方って??

◇自分の理想や希望にあった介護施設はどこ?? 

◇自分の資格はどこで活かせる??

◇これからどんな資格をとればいい??

◇働きながら資格が取れる介護施設は??

など、1人で考えてもなかなか先へ進まず、時間がかかるばかりです。

もし、介護職への転職・就職でお悩みをお持ちなら、介護職の求人が豊富なサイトの求人情報をご覧になることをお勧めします。

しかも、介護業界で最大級の転職支援サイトでは、専任のエージェントがあなたの悩みを解決し、最も適した介護の求人を紹介してくれます。

完全無料で、登録はカンタン30秒!

最短3日でお仕事を開始できるかもしれません。

◆1日でも早く就職・転職したい方

◆少しでも好条件・好待遇の求人をお探しの方

に特におすすめです。

介護施設パート転職情報

老人保健施設における介護士求人について

日本は超高齢化社会をむかえており、各都道府県には多くの施設があります。

その中でも代表的な施設が老人保健施設です。介護保険の中核を担う施設であり、各都道府県における高齢者介護に対して大きく貢献をしています。

医療と介護の中間施設ともいわれており、医師や看護師、理学療法士などのリハビリテーション専門職が配置されているのが特徴になります。

もちろん、介護士も必要であり多くの介護士求人があります。

仕事の内容としては利用者の日常生活における介護やレクリエーションの提供などが主な内容になります。

日常生活の介護では食事や排泄、入浴などにおいて利用者が出来ないことを介助します。

その際には出来るだけ本人にがんばってもらうことを意識して行うことが重要です。

利用者本人ががんばることが生活リハビリテーションにつながり、身体機能のレベルアップや生活動作能力の向上につながるからです。

生活リハビリテーションで元気になることで自宅に帰れる人もおり、介護士の仕事をしていてやりがいを感じることができる瞬間です。

現在は介護士が不足していることもあり介護士求人は多くあるため興味がある人は利用してみましょう。

介護施設パート転職情報

介護士・ヘルパーのパート求人情報

小さなお子さんがいたり、介護が必要な両親がいたり・・・。
介護のお仕事と家庭を両立したいけど、ハローワークには両立できるようないい求人があまりないですよね。
あなたにあった介護施設の求人を見つけて、子育てや家のことと両立できる介護施設の求人をご紹介します。


仕事探しの前に、まずやること・・・

心のもやもやを書き出して、すっきりしましょう。

まず、介護のお仕事探しをするまえに、もやもやしていること、ありませんか?
・そもそも仕事をした方がいいのか。進んでしたいのか、それとも仕方なくしないといけないのか。
・介護職と家庭の両立は可能か。
・家族と、労働時間の話し合いはできているか。
・面接の際に話す、「自分の希望・条件」は決まっているか。
・自分が何をやりたくて介護業界を選んだのか。
などなど。これらを明確にしてから就職やパート探しをするのと、しないままするのとでは結果が大きく変わってきます。
お仕事開始までのスピードも何倍も変わります。

当然、明確にした方がやる気も出てきますし、それを感じた面接官や採用者も前向きに受け入れてくれます。

以前の職場をやめた理由はなんでしょうか。

・子供が小さくて夜勤が難しかった。
・家事や家庭のことで時間調整が難しかった。
・パートばかりが重労働で不満があった。
・悪口をいうスタッフがいた。
・資格を活かせなかった。など、様々な理由があると思います。
労働時間や、内容的に、今はパートで働きたい。。
だけど、「パートばかりが重労働をさせられてると感じる・・・」という話も聞きます。


最大の不安 次の介護施設でも同じだったらどうしよう・・・。

また次の転職先も前と同じようなことで悩むことになったら嫌だな・・・。
そんな風に悩んでいませんか?

介護職のニュースや、以前の職場の経験から、「介護職ってこんなものよね」って、思ってしまいがちです。
でもそんなことはありませんよ。

もう一度、あなたにあった介護施設や働き方を探してみましょう。
介護施設といってもたくさんの種類があります。
介護職の資格や仕事内容も様々。

私はいったいどこでどんなことができるのか?
自分1人で考えていてもなかなか先に進めません。

では、どんな方法で就職や転職活動を進めていったらいいのでしょうか。
ハローワークに行って相談しますか?それも1つの方法だと思います。
ですが、それだけで決めてしまうのはちょっと待ってください。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設パート転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ