介護施設パート転職情報情報

長野県 介護の取り組み

  • 長野県の高齢者福祉の現状

    1)要介護(要支援)の状況
    (1)要介護(要支援)認定者数の推移
    長野県の要介護認定者数(第1号被保険者)は108,292人(平成26年10月)で、年々増加傾向にあります。また、第1号被保険者に占める要介護(要支援)認定者の割合(認定率)は17.6%となっています。
    長野県の認定率を全国と比較すると、平成19年・20年頃は全国と同程度であったものが、近年は全国より0.4ポイント程度低い水準で推移しています。

    (2)要介護(要支援)認定者の要介護度別分布状況
    要介護度別の分布状況では、全国に比べて要支援の割合は低く、要介護1 ~ 5の割合が高くなっています。

    2)居宅での主な介護者
    居宅での主な介護者は、年齢が65歳以上の割合が半数にまで近づいてきており、老々介護が増えています。
    要介護(要支援)者との関係性では、「子の配偶者」が減少している一方で、「子」は増加傾向にあります。

    3)介護サービスの利用状況
    (1)介護サービスごとの利用者
    本県の介護サービス(予防を含む)の利用者数を見ると、「居宅サービス」が約7割強と最も多く、次いで、「特養」「地域密着型」「老健」の順となっています。平成23年からの増加率を見ると、居宅サービス(11.0%増)、地域密着型サービス(30.0%増)は利用者数が大きく増加していますが、施設サービス(特養、老健、療養型)は6.0%程度の増加となっています。

    (2)居宅サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める居宅サービス利用者の割合を見ると、「訪問介護」のみ全国水準を下回っていますが、それ以外のサービスでは、全国水準を上回っています。

    (3)地域密着型サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める地域密着型サービス利用者の割合では、「地域密着型特定施設入居者生活介護」において全国水準を大きく上回っています。
    逆に「認知症対応型共同生活介護」においてわずかに全国水準を下回っています。

    (4)施設・居住系サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める施設・居住系サービス利用者の割合では、介護福祉施設及び介護保健施設が、全国に比べ利用者が多く、逆に特定施設入居者生活介護がやや少なくなっています。

    (5)介護予防サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める介護予防サービス利用者の割合では、「介護予防福祉用具貸与」「介護予防通所介護」において全国水準を上回っていますが、「介護予防訪問介護」では全国水準を大きく下回っています。

    4)介護サービス提供事業者
    介護サービス事業者は、介護保険制度がスタートした当初は4,755事業所(平成12年4月)でしたが、平成23年(4月1日)には7,125事業所、平成26年(4月1日)現在では、7,702事業所がサービスを提供しており、その数は増加しています。

    5)介護サービス及び高齢者福祉サービス基盤
    施設・居住系サービスにおける介護老人福祉施設や特定施設入居者生活介護の整備については、一部の施設において、第5期の整備目標を下回っています。

    介護施設パート転職情報

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

転職する時のキャリア査定

転職をするにあたり自分の市場での価値がどのくらいなのかを知ることは重要です。

もちろん、待遇だけが仕事を選ぶ基準ではありませんのであくまで1つの指標として考えてください。
自分の市場での価値をある程度事前に把握して、あとは自分の納得度合いに応じて活動を進めていくというのが客観的な目を持つという意味で重要になると思います。

次の項目は、各施設の給与相場(全国平均給与)のデータになります。

今のあなたのお給料と比較してみると、全国平均給与より高いのか低いのか、ご自分のキャリア査定の目安にもなると思います。

介護施設パート転職情報

活躍の場がどんどん広がっている業種です。

高齢化が加速している現在の日本では、老人ホームやディケア、一部のグループホーム等の、介護を必要とする人達は多く、常に介護に携わる人は不足しています。

その中でも介護士は、正式名称を介護福祉士と言い、介護との現場において、介護をする人と、介護される人にとって重要な存在です。

介護福祉士は各地の市町村に存在する、有料の施設や公営の施設において、介護する人を指導するのが主な仕事となります。介護の現場で統括的な仕事をする者となります。

現在介護士求人は大変高く、求人情報は沢山あります。特に、市町村の福祉を扱う部門に籍を置き、在宅で介護支援を求めている方のお宅へ訪問し、どんな介護を必要としているかなどの聞き取りをしたり、聞き取りした内容を検討した上で、実際に介護にあたる人達に伝えたり、指導を行ったりします。

介護士求人や求人情報は市町村だけではなく、民間の介護施設でも多くあり、活躍の場がどんどん広がっている業種です。

介護施設パート転職情報

パート勤務するメリット

  • ご主人や子供と向き合う時間を持てる!

    お母さんは家庭の太陽でなければなりません。ご主人も子供も、外では気を使い、責任感を果たしてくたくたになって帰ってきます。家庭が充電場所になっていることが大事です。
  • 子供の成長に合わせて、労働時間を変えられる!

    子供が大きくなると、お仕事できる時間が変わってきます。土日も部活や塾に行き始めると、その間お仕事できるかもしれませんね。
    もっと大きくなると、お母さんがお仕事に行っててもちゃんとお留守番ができるようになります。そうなると、パート勤務ではなくて正社員としてお仕事できるようになるかもしれません。
    その時は、パート勤務で培った経験や知識を活かしてキャリアアップが図れます。
    今はそのための準備期間でもあります。


    ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、などを多角的・総合的に見る目を持っているのは、転職のプロです。
    自分1人で、多角的・総合的に検討するのは困難です。
    プロの力を借りて、スピーディにパート勤務をスタートさせるのがおすすめです。

    介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


    介護施設パート転職地域別情報

    他の介護施設を見る!

  • このページの先頭へ