介護施設パート転職情報情報

沖縄県 介護の取り組み

  • 沖縄県の具体的な介護取組内容(参入促進)

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○(1)高校訪問:高等学校進路指導担当教諭に対し、福祉・介護職の魅力や需要の高さ等を説明、進学に関する相談・助言
    ○(2)進学説明会:離島を含む県内高校の高校生に対する職業説明や個別進学相談の実施
    ○(3)オープンキャンパス:職業紹介や体験、在校生や教員による個別相談
    ○(4)職業講話:小~大学生、一般県民に対し福祉・介護の仕事の大切さと魅力を伝える
    ○(5)啓発チラシの配布:高校訪問、オープンキャンパス、介護の日関連イベントの際に配布し、福祉・介護の仕事の魅力を伝える

    ⇒●約2,000人に対する啓発
    ●介護福祉士養成施設 50人の入学

    その他の「参入促進」の取組

    ○介護福祉士等修学資金貸付事業
    ○介護福祉士等養成施設に在学し、資格取得を目指す学生に対して修学資金の貸し付けを実施

    ⇒●91名に対し7,072万円の新規貸し付け

    介護施設パート転職情報

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

ホームヘルパー・ケアマネージャーてどんなお仕事?

ホームヘルパーとケアマネージャーは、どちらも介護・福祉業界の仕事です。

介護保険法によって介護が必要になった方に、介護サービスプランを作成し、適したサービスを受けられるよう取りまとめるのがケアマネージャー(介護支援専門員)であり、職に就くには実務経験を経た上で都道府県の実施する試験に合格する必要があります。

一方ホームヘルパーは、そのケアマネージャーの作成したサービスプランを実行する仕事。訪問介護を行ったり、施設での介助をします。これまでは講座を受講することで資格を得ることができましたが、2013年度より講座受講後の筆記試験が必須となりました。

介護施設パート転職情報

ホームヘルパーの募集

ホームヘルパー求人はどの都道府県を見ても絶えず募集はあります。

ですが、施設や事務所などにより給金はもちろんの事、働き方や仕事の内容は大分異なります。

例えば通常の介護施設であれば、(基本)早番、遅番、日勤、夜勤などのローテーションで働きますが、訪問登録ヘルパーの場合は毎週1日だけ。週3回1時間だけ。というような自分の都合に合わせて働く事が出来ます。
(小さい事務所だと仕事数が無くうまく自分の都合と合わない事もありますが、その場合は他の事務所にも登録しておくという手もあります。)

登録ヘルパーの良い点は小さいお子さんがいても(事務所にもよりますが)それを前提に働けるという所です。

お子さんの体調の変化や、行事などでなかなか休める仕事はありませんが、それでも良いので仕事をしてほしいという所もありますので、諦めず問い合わせてみましょう。

又、ホームヘルパー求人にて都道府県別に感じる事と言えば、まずお給料と募集数です。

どちらも都会であるほど多いのです。その点も視野に入れ納得のいく職場を探してみてはいかがでしょうか。

介護施設パート転職情報

短期で働ける介護士パート

単発・短期・派遣と広がる介護士の働き方

短期や単発の仕事は、全職種問わずに働く期間が定められている働き方です。

・単発・・・・勤務日数が10日以内
・短期・・・・勤務日数が11日~3ヶ月未満

という求人が一般的とされています。

またこれらの仕事を効率良く探すには、派遣社員として働いているという方が多いのも特徴です。

仕事を探す場合は、その業界に特化した専門サイトで探す方がいろいろな情報を得ることができます。

また派遣や専門サイトですと、自分の希望の条件を伝えると、極力希望にそった条件の仕事を提供してくれます。

短期で仕事を探しているという人の主な理由は、

・自分のライフスタイルに合わせて仕事をしたい
・次の仕事が決まるまでの間だけ働きたい
・キャリアアップを目指している

など、いろいろな理由がありますよね。

他に短期で働く場合は、煩わしい人間関係から解放されるというメリットもあります。

以前正社員として介護職で働いていた時に人間関係で辞めてしまったという人も、短期間であれば働く日数も決まっているので割り切って働けるのではないでしょうか。

またいずれは正社員として働きたいと思った場合にも、短期でいろいろな介護の仕事を経験できたら自分に合った仕事を見つけやすくなりますね。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設パート転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ