介護施設パート転職情報情報

大阪府 介護の取り組み

  • 大阪府高齢者計画

    わが国では、急速に高齢化が進んでおり、平成22年の国勢調査では22.8パーセントだった高齢化率は、団塊の世代のすべてが後期高齢者となる平成37年には30.3%になると予測されています。

    また、大阪府においては、後期高齢者の人口の急増、要介護・要支援認定者、認知症高齢者、単身あるいは夫婦のみの高齢者世帯が大幅に増加する「都市型高齢化の進展」が見込まれます。

    こうした超高齢社会に対応していくため、社会的な支援を必要とする高齢者が、できる限り住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるように、地域社会全体で支える仕組みである『地域包括ケアシステム』の構築を中心とした高齢者福祉施策を推進していくため、このたび、大阪府高齢者計画を策定しました。

    本計画においては、地域包括ケアシステムの構築に向け、医療と介護の連携による在宅生活の支援や認知症の早期発見・早期対応のための取組み、介護人材の確保等を重点的に取り組むこととしています。

    また、これからの高齢者福祉施策の推進にあたっては、「支える側」と「支えられる側」という画一的な関係ではなく、支え、支えられる関係があること、高齢者の居場所と出番がある地域を作ることが、高齢者が生きがいを感じ安心して暮らすことができる社会作りとつながると考えます。

    そのような思いで、「みんなで支え 地域で支える 高齢社会」というキャッチフレーズを掲げ、世代を超えて地域住民が共に支え合う体制の構築に取り組んでいくこととしています。

    介護施設パート転職情報

    大阪府地域密着型サービスの普及促進

    ◆高齢者が、介護が必要になってもできる限り住み慣れた地域で暮らし続けることができるよう導入された地域密着型サービスは、地域包括ケアシステムの構築に重要な役割を担っていることから、制度の周知と地域密着型サービスの普及を促進します。

    ◆取組みにあたっては、地域医療介護総合確保基金を活用した基盤整備を市町村に働きかけます。

    現状と課題
    ○医療ニーズのある一人暮らしの要介護高齢者でも在宅での生活が継続できるよう、平成24年度に創設された定期巡回・随時対応型訪問介護看護及び複合型サービスを始めとする地域密着型サービスは、地域包括ケアシステムの構築にあたって重要な役割を占めています。

    ○しかし、利用者や介護支援専門員などにおいてサービス内容そのものへの理解が不足していることや、安定的な経営が見込めないなどの理由で参入事業者が少ないこと等に起因して、普及が進んでいません。

    ○これら地域密着型サービスの意義、サービス内容が正しく理解され、認知度の向上が図られるよう啓発を行い、制度の普及を促進する必要があります。

    施策の方向
    ○地域包括ケアシステムの構築にあたって重要なサービスである地域密着型サービスの普及を促進します。

    ○定期巡回・随時対応型訪問介護看護及び複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)の計画的な普及に向け、引き続き制度の周知に努めるとともに、先進事例の紹介、介護保険制度ワーキング等を通じた必要な調整や考え方の整理に取り組みます。

    ○市町村が、地域の実情に応じ、住民や地域の事業者に対して積極的に情報提供を行うなど、サービスの普及に努めるよう支援します。

介護施設転職情報が安全・確実に入手できます!

介護の現場では、深刻な人材不足が続いているためにかなりの売り手市場だと言われています。
介護施設への転職をお探しであれば、ご希望の条件で転職できる可能性が高いです。


以下の様な希望はありませんか?

◆正社員として働きたい。
◆今よりお給料のいいところに転職したい。
◆資格やスキルを十分に評価してくれる職場に転職したい。
◆スキルアップのできる職場で働きたい。
◆社内研修のしっかりした施設で経験を積みたい。
◆人間関係が良好でアットホームな職場で働きたい。
◆子供が小さいので残業のない職場に転職したい。
◆年間休日の多い大手企業に転職したい。
◆託児所完備の施設で子供を預けながら安心して働きたい。
◆車通勤OKの介護施設で働きたい。
◆転職支援金がもらえると転職しやすくなる。
◆自宅から近いエリアで働きたい。
◆将来が展望できるしっかりした会社に転職したい。
◆施設は未経験だけど在宅の経験を活かして転職したい。
◆新規オープンの施設でオープニングスタッフとして働きたい。
◆夜勤手当などの手当が充実している施設に転職したい。

そのほかにも、個別の事情やこまかい希望なども人それぞれにあると思いますので、ご希望の条件で転職できるよう大手求人サイトの求人情報を早めにチェックしてみてくださいね。


ハローワークには出てこない求人情報や、転職活動に役立つ最新情報なども入手できるのでオススメです。


1施設での転職求人募集の人数には限りがありますので、一般公募の前に非公開求人情報を案内してくれる介護職専門の大手転職支援サービスを活用するのがおすすめです。


介護施設パート転職情報

介護支援専門員の仕事内容

介護支援専門員(ケアマネージャー) とは

【仕事の内容】
本人の希望を交えて、介護サービスの利用方法や種類などをコーディネートするお仕事

①65歳以上の介護が必要だと申請した方の状態を確認し、介護認定を行う
②介護(支援)認定された方に必要な介護を考え、プランを作る
③作成したプランに必要なサービスの連携をとる
④家族やかかりつけ医と連携をとり、ご利用者本人の状態を把握する など

【勤務場所】
居宅・小規模多機能・特別養護老人ホーム(特養)・包括

【必要な資格】
介護支援専門員

介護施設パート転職情報

介護の転職・就職を全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。
など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。
  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。

希望条件・意欲を叶えるパート求人、必ず見つかります。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設パート転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ