介護施設パート転職情報情報

島根県 介護の取り組み

  • 介護サービス提供体制の現状

    介護保険サービスの利用状況

    費用額全体としては増加傾向にあり、平成22年度は平成12年度に比べて1.7倍の伸びを示しています。
    中でも、居宅サービス費及び平成18年度に創設された地域密着型サービスが大きく伸びています。

    (単位:千円)H12H15H18H22H22 費用額に占める割合
    居宅サービス費12,371,68522,384,50724,348,41330,140,45347.1%
    (対12年度比)100180.9%196.8%243.6%47.1%
    地域密着型サービス費4,239,3807,717,76512.1%
    (対18年度比)196.8%100182.0%
    施設サービス費25,980,65630,527,43227,329,29626,184,66740.9%
    (対12年度比)100117.5%105.2%100.8%40.9%
    費用額計38,352,34152,911,93955,917,08964,042,885100.0%
    (対12年度比)100138.0%145.8%167.0%100.0%

    介護施設パート転職情報

    島根県介護計画の基本目標

    これまでの高齢者福祉の推進状況を評価・分析し、今後の福祉施策に関して目指すべき基本目標を、次のとおり設定します。

    認知症高齢者のための施策の充実

    認知症症状の早期発見・早期診断、適切な医療や介護サービスの提供とともに、認知症高齢者やその家族が、住み慣れた地域で尊厳を持ちながら穏やかに暮らせるよう、地域における見守りや相談、介護保険サービス提供体制を充実するとともに、認知症介護の質の向上を図る。

    ⇒①地域における支援体制の構築
    ②介護保険サービスの充実

    高齢者の居住に係る施策との連携

    「島根県高齢者居住安定確保計画」との調和を図りながら、高齢者向けの「住まい」を計画的に整備し、介護保険サービスや生活支援サービス等との連携を推進する。

    ⇒①高齢者住まい法の改正
    ②島根県高齢者居住安定確保計画の策定
    ③サービス付き高齢者向け住宅等の創設
    ④介護保険サービスとの連携

    医療との連携

    医療ニーズの高い要介護高齢者が可能な限り住み慣れた地域において療養生活を続けられるよう、入退院時等における医療と訪問看護など介護保険サービスとの連携強化を図る。

    ⇒①医療と介護の連携強化
    ②医療系の介護保険サービスの充実

    生活支援サービスの充実

    高齢者が住み慣れた地域で自立した生活が送れるよう、介護保険サービスなどの公的サービスと配食や安否確認等の多様な生活支援サービスが有機的に連携できるような仕組みづくりを推進する。

    ⇒①生活支援サービスの充実
    ②地域における権利擁護の推進

    介護人材の確保と質の高い人材の養成

    介護ニーズの増大や多様化・高度化に対応するため、介護人材が安定的に確保され、質の高い介護保険サービスが提供できるよう、専門性の高い人材の養成を支援する。
    ⇒①介護人材の確保・定着対策の推進
    ②専門性の高い人材の養成
    ③医療的ケアを実施する介護職員等の確保

    高齢者の積極的な社会参加の推進

    高齢者が、地域を支える側に立って活動するよう意識改革を促し、元気な高齢者が社会参加活動の中で生きがいを醸成できるような環境づくりを図るとともに、高齢者が地域社会の担い手として活躍する「新たな共助の仕組みづくり」に努める。

    ⇒①生涯現役意識の醸成
    ②新たな共助の仕組みづくりの推進

    島根県介護計画の基本目標

    これまでの高齢者福祉の推進状況を評価・分析し、今後の福祉施策に関して目指すべき基本目標を、次のとおり設定します。

    介護予防の推進

    高齢者ができる限り要介護状態とならないための予防の取組や自立支援をめざしたサービスの提供により、介護予防の効果的な推進を図る。

    ⇒①効果的な介護予防の推進
    ②地域包括支援センターの機能強化

    サービス基盤の計画的な整備

    介護等を必要とする高齢者の状態や利用希望に適切に対応できるよう、今後3年間の介護保険サービス等の供給目標量を定め、計画的に整備していく。

    ⇒①介護保険対象サービスの基盤整備の推進
    ②老人福祉 ( 介護保険対象外 ) サービスの基盤整備の推進

    介護保険サービスの質の確保

    サービスを利用することによって、要介護状態の維持・軽減を図り、日常生活の自立支援に資するようサービスの質を確保する。

    ⇒①サービス評価の推進
    ②居宅サービスの質の向上
    ③施設サービスの質の向上
    ④特定施設等及び地域密着型サービスの質の向上
    ⑤ケアマネジメントの質の向上
    ⑥介護サービス情報の公表

    介護給付等の適正化

    介護保険サービスの不適正なサービス提供や不正なサービス利用等がないよう、介護給付の適正化に取り組む。

    ⇒①介護給付等に要する費用の適正化

転職するときの心得

転職とは、あなたの何かしらの要望をかなえるための行為です。
その要望は「仕事内容」「やりがい」「待遇」「地位」「勤務時間」「研修・教育 体制」「福利厚生」など人それぞれです。
大切なことは、転職活動を始めるにあたり自分の要望は何なのか、その要望は現在の職場では満たされないものなのか、ということを最初に整理して考えることです。

整理が出来たら、その要望を満たすのはどこかという観点で活動を行っていきましょう。
転職活動をしていく過程で、早く転職したいと思うあまりに転職をすることが目的になり、本来の自分の要望を見失ってしまうということがよくあります。

転職はあなたの今後の働く環境を大きく変えることになります。活動をする上で自分の要望の優先順位をキッチリつけて客観的に整理することが、本当の意味での転職成功のポイントとなります。

介護施設パート転職情報

サービス提供責任者の仕事内容

サービス提供責任者 とは

【仕事の内容】
在宅において、その方に適切な介護提供が行われているかどうかコーディネートするお仕事

①利用申込の受付・契約に関する相談、調整など
②介護支援専門員の作成したケアプランに基づいて「訪問の計画」を作る
③利用者&家族⇔ヘルパーの調整・管理を行う
④訪問ヘルパーを取りまとめる など

【勤務場所】
訪問介護事業所

【必要な資格】
介護福祉士(国家資格)・実務者研修修了者(厚労省の認定資格)・保健師(国家資格)・看護師(国家資格)・旧介護職員基礎研修(厚労省の認定資格)・旧ヘルパー1級(民間資格) など

介護施設パート転職情報

未経験OKの介護職求人情報

介護のお仕事が未経験や初心者であっても介護施設で働きたいのであれば、今も高待遇の求人情報が届いています。

しかし、あなたの希望どおりの就職や転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

ケアマネージャー・ホームヘルパー・介護士等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。
ましてや、未経験・初心者で就職を希望する場合には、しっかりとした情報収集と戦略が必要になってきます。

あなたが転職したい介護関連企業や周辺情報に精通した専門家に相談して、この転職・就職を成功させるまで完全無料でサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職・就職が成功するように必要なアドバイスもしてくれて、あなたが夢を叶えるまで責任を持ってサポートしてくれます。

よりよい職場に就職するために、専門家のアドバイスを受けてみませんか?

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設パート転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ