介護施設パート転職情報情報

栃木県 介護の取り組み

  • 栃木県内の事業所に職員の育成に対するアンケート調査結果

    ○アンケートの結果から、職員の育成について何らかの取組(外部及び内部研修、OJT、キャリアパスや人材育成計画の策定、面談、評価等)を実施している事業所の割合は、部分的なものも加えると全体の約 6 ? 8 割に及んでいる。
    ○育成に対する満足度についても、約 6 割程度の事業所が「順調」と回答しており、結果から、事業所全体で見れば、人材育成の状況は決して満足すべき水準とは言えないものの、処遇改善加算取得のための取組も相まって、改善の途上にあると考えられる。
    ○回答結果を事業所の属性で分析すると、職員数が少ない事業所ほど、人材育成に対する取組や体制の整備が遅れている。特に全体の約 3 割に相当する、職員数が 50 人未満の小規模事業所において、その傾向が顕著である。
    ○人材採用に関する考え方は、職員数 50 人以上の中?大規模事業所では「新卒と中途両方から採用する」という回答が 1 位で全体の約 6 割に上り、小規模事業所では「特に方針を定めていない」と「中途採用中心」の 2 つで全体の 6 割以上を占める。
    ○小規模居宅サービス事業所は、介護知識・技術の習得度に個人差が顕著な中途採用の職員が多い傾向にある。
    ○「育成の取組を実施していない理由」については、取組の種類に関わらず「時間がない」との回答がトップに挙げられ、小規模事業所ほど人材不足が原因となって人材の確保や育成に時間を割く余裕がないと考えられる。

    介護施設パート転職情報

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパーをはじめとする介護職員という仕事は、困っている多くの人から本当に必要とされている重要なお仕事です。
「介護職員処遇改善加算」が導入されたことで、介護業界の大手企業を皮切りに介護職員の給与アップや待遇を見直す動きが加速しています。
転職先での給与アップやキャリアアップは現実的なお話です。
あなたらしく、やりがいをもって働ける職場とめぐり逢えるといいですね。

介護施設パート転職情報

福祉用具専門相談員の勤務先

福祉用具専門相談員 とは

【仕事の内容】
日常的かつ恒常的に使用する用具や、訓練のための用具、装着具についての相談(助言)やコーディネートを行うお仕事

①車いす、特殊ベッドなど、ご利用者ご本人の生活スタイルや住環境に合わせて最適な用具を選ぶための相談に乗り、アドバイスを行う
②用具の使い方、メンテナンスの仕方などのアドバイスを行う
③福祉用具購入やレンタルの際の助成書類作成補助 など

【勤務場所】
居宅・福祉用具販売店・介護老人保健施設(老健)など

【必要な資格】
介護福祉士・社会福祉士・義肢装具士・保健師・看護師・OT・PT・福祉用具専門相談員講習修了者 など

介護施設パート転職情報

未経験だけど介護施設で働きたい!

未経験だけどこの職場で働きたい!
でも、就職や転職・再就職の時には、「うまくいくかな」「いい職場で働けるかな」「この職場に決めてしまって大丈夫かな」など、誰でも迷ったり不安になったりするものですよね。

そんな時はあなた1人で悩んでいるよりも、未経験OKの介護職求人のプロに直接アドバイスしてもらった方がうまくいくことが多いのでオススメです。

未経験OKの介護職求人のプロに、あなたの転職・就職活動をサポートしてもらってみてはいかがでしょうか?

きっと、あなた1人で探すよりも、希望の条件にピッタリの職場が見つかります。

プロのアドバイスを受けながらの転職・就職活動なら、高待遇の転職も十分可能です!

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設パート転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ