介護施設パート転職情報情報

鳥取県 介護の取り組み

  • 鳥取県介護の具体的な取組内容(参入促進)

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○中高生対象介護魅力発信DVD及び介護職場広報プログラム映像制作による介護の仕事の理解促進【基金】
    ○地域住民や小中学校の生徒に対する介護教室【基金】

    ⇒○H27に企画検討委員会を設置、内容や構成シナリオについて検討
    ⇒○H28以降、完成したDVD等を中学校・高等学校に配布
    ○5か所で介護教室を開催、参加者150名

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○中学生と親に対する介護職イメージの把握のための調査実施【基金】
    ○進路担当職員向け説明会の開催【基金】
    ○県内すべての高等学校を訪問し、進路担当職員から情報収集及び生徒への就労支援事業等の説明

    ⇒○3地区・150~300人に調査
    ⇒○調査結果を県内の団体とも共有し、今後の方策につなげる
    ○説明会に3地区で50名の参加

    その他の「参入促進」の取組

    ○中高生夏休み介護の仕事体験事業【基金】…夏休み中の中高生に介護の職場で仕事体験をしてもらい、介護の仕事や魅力について知ってもらう
    ○地域住民が介護職員初任者研修を受講し、研修を修了した場合に受講料を補助【基金】
    ○介護福祉士等の養成事業を図るため、修学資金の貸付を行っており、養成施設入学前の高校生に対し、貸付内定を実施

    ⇒○中高生受入登録50施設、参加申込者約100名
    ○地域住民の介護職員初任者研修修了者45名

    介護施設パート転職情報

    鳥取県の福祉人材を巡る現状

    魅力ある福祉職場づくり(人材定着の取組)

    今後、要介護高齢者が増加し、介護職員の増加が求められる中にあって、離職者を少しでも減らしていく取組は大変重要です。

    対策としては、正規職員の離職率は8.1%であり、正規職員として働く者の割合を高めることが離職率の低下に繋がると考えられます。

    このほか、職業病ともいえる腰痛の予防対策として、介護技術向上のためのOJT/OFF-JT※、介護ロボット等導入促進などによる心身の負担の軽減が求められます。
    ※OJTとは、日常の業務に就きながら行われる教育訓練のこと。
    ※OFF-JTとは、通常の仕事を一時的に離れて行う教育訓練(研修)のこと。

    また、各事業所において、職員のメンタルヘルスやモチベーションを高める取組がやや低調であると考えられ、対策が求められます。

    労働法規の遵守やメンタルヘルス、腰痛対策などを通じた離職防止の取組は、労働局や介護労働安定センターなどで対応が進められています。県も労働局等と積極的に連携しながら、介護業務に安心して従事できるよう、職員処遇の改善と適切な労務管理を行うことによる魅力ある福祉職場づくりを行うこととし、以下の取組を進めていくこととします。

    〈取組の例〉
    ○各種研修への職員参加の促進や、適切な給与水準の確保が図られるよう、事業者へ働きかけ
    ○正規職員として採用することが離職防止に繋がることを、各事業所へ周知。
    ○事業者や従業者に対し、労働基準法をはじめとした労働関係法規の周知と理解を進めることを通じて、雇用環境の改善を進める。
    ○育児・介護休暇、短時間勤務など多様で柔軟な働き方が可能となる制度の整備や、それらを利用しやすい職場環境づくりを進める。
    ○社会福祉施設の職員等を対象に、職場環境改善研修を実施し、職員のメンタルヘルスの改善に努める。
    ○中小規模職場で働く、若い介護職員の交流機会を設ける。
    ○腰痛対策や介護ロボットの導入など、介護労働に伴う心身の負担を軽減する取組を進める。

条件のいい高待遇の介護職求人情報

介護施設への転職は、現在売り手市場と言われています。
条件のいい高待遇の介護職求人情報は、非公開求人となっていることがほとんどです。

案件の数も非常に多く、

・正社員
・契約社員・パート/その他

といった雇用形態

・機能訓練指導員
・管理職・サービス提供者
・生活相談員
・ケアマネージャー
・ヘルパー
・家事代行スタッフ
・管理栄養士
・医療事務
・介護事務
・送迎ドライバー
・看護師

などの職種や、

・ヘルパー2級
・ヘルパー1級
・介護職員基礎研修
・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士
・介護支援専門員
・社会福祉士
・社会福祉主事任用
・精神保健福祉士
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・看護師
・准看護師
・柔道整復師
・あん摩マッサージ指圧師
・介護事務
・医療事務
・その他・無資格

などの各種資格

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)
・老健(介護老人保健施設)
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)
・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)
・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)
・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)
・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)
・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)
・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)
・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)
・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)
・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

などの各種サービス形態、

といった様々な軸を基準に、あなたのご希望にあった職場の求人情報を探すことができます。

また、求人情報も、ハローワークなどの紙媒体に比べ、充実した内容を掲載しており、転職先を決めるにあたって、給与や勤務条件などの表面的な要素のみならず、 その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を元に、ご検討することが可能となっております。

介護施設パート転職情報

精神保健福祉相談員の勤務先

精神保健福祉相談員 とは

【仕事の内容】
精神障がい者の社会復帰や社会参加の支援を行うお仕事

①就職活動の助言、職場生活のアドバイスなど各種助言や情報提供を行う
②各種支援事業に関する手続き、地域福祉の計画立案、地域にへの社会復帰プログラムや支援ネットワークの構築
③心神喪失などにより犯罪行為を行ってしまった精神疾患者の社会復帰プログラム作成など
※精神保健福祉相談員は保健所などで働く公務員であるため、公務員試験への合格も必要となるが、求人としては、医療機関、介護・福祉施設からのニーズも増えています。

【勤務場所】
医療機関、自立訓練事業所、ケアセンター、保健所、精神保健福祉センター など

【必要な資格】
精神保健福祉士(国家資格)

介護施設パート転職情報

介護士・ヘルパーのパート求人情報

小さなお子さんがいたり、介護が必要な両親がいたり・・・。
介護のお仕事と家庭を両立したいけど、ハローワークには両立できるようないい求人があまりないですよね。
あなたにあった介護施設の求人を見つけて、子育てや家のことと両立できる介護施設の求人をご紹介します。


仕事探しの前に、まずやること・・・

心のもやもやを書き出して、すっきりしましょう。

まず、介護のお仕事探しをするまえに、もやもやしていること、ありませんか?
・そもそも仕事をした方がいいのか。進んでしたいのか、それとも仕方なくしないといけないのか。
・介護職と家庭の両立は可能か。
・家族と、労働時間の話し合いはできているか。
・面接の際に話す、「自分の希望・条件」は決まっているか。
・自分が何をやりたくて介護業界を選んだのか。
などなど。これらを明確にしてから就職やパート探しをするのと、しないままするのとでは結果が大きく変わってきます。
お仕事開始までのスピードも何倍も変わります。

当然、明確にした方がやる気も出てきますし、それを感じた面接官や採用者も前向きに受け入れてくれます。

以前の職場をやめた理由はなんでしょうか。

・子供が小さくて夜勤が難しかった。
・家事や家庭のことで時間調整が難しかった。
・パートばかりが重労働で不満があった。
・悪口をいうスタッフがいた。
・資格を活かせなかった。など、様々な理由があると思います。
労働時間や、内容的に、今はパートで働きたい。。
だけど、「パートばかりが重労働をさせられてると感じる・・・」という話も聞きます。


最大の不安 次の介護施設でも同じだったらどうしよう・・・。

また次の転職先も前と同じようなことで悩むことになったら嫌だな・・・。
そんな風に悩んでいませんか?

介護職のニュースや、以前の職場の経験から、「介護職ってこんなものよね」って、思ってしまいがちです。
でもそんなことはありませんよ。

もう一度、あなたにあった介護施設や働き方を探してみましょう。
介護施設といってもたくさんの種類があります。
介護職の資格や仕事内容も様々。

私はいったいどこでどんなことができるのか?
自分1人で考えていてもなかなか先に進めません。

では、どんな方法で就職や転職活動を進めていったらいいのでしょうか。
ハローワークに行って相談しますか?それも1つの方法だと思います。
ですが、それだけで決めてしまうのはちょっと待ってください。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設パート転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ